畳替えに知っておくべき基本【い草と呼ばれる植物】

畳とその交換

和室

交換方法について

和室がある住宅などにおいては、畳替えを行う必要がでる。畳の寿命は、一般的には10年から15年程度とされており、これらの期間が経過している場合には、畳替えをする必要がある。畳替えでは、古い畳を廃棄し新しい畳との入れ替えが行われる。畳は1枚当たり、1万円から3万程度であることが相場となっており、畳替えを行う場合には、部屋のすべての畳をまとめて交換することが重要になる。畳では、状態により表面を張り直すなどのメンテナンスにより長持ちさせることも可能である。表面から傷んでいくものである為、表面を綺麗なものに取り換えることで継続使用できる。また、状態によっては畳の表面を裏表入れ替えることで、綺麗な状態にすることもできる。しかし、畳の芯の部分が傷んだ場合には、畳替えする必要性が出る。畳替えでは、畳を取り扱う専門業者へ依頼して交換してもらうことが通常である。畳の交換業者では、近隣にあることが多く、電話申込みなどで駆けつけて対応してもらえることが多い。最近では、ネットでの申込みも行える業者もあり、これらの活用も利便性が高い。畳を交換するか表面の張替えで良いかは、個人で判断することが難しいケースもあるため、事前にこれらの業者に見てもらうことが事前準備としてある。業者に畳の芯の状態などを確認してもらい、交換した方が良いと判断された場合には新しい畳に交換してもらうと良い。交換することで、快適な和室とすることができる。

Copyright© 2018 畳替えに知っておくべき基本【い草と呼ばれる植物】 All Rights Reserved.